直腸膣壁 弱い

直腸膣壁が弱いと言われたら|最も効果的な便秘対策

 

「直腸膣壁が弱いですね」
「だから便秘にも頻繁になってしまうんです」

 

病院の診断でこのように言われるとなんのことだかわからないかもしれません。しかし、直腸膣壁が弱いことは女性ならば一定の割合であるものです。

 

そのことが原因の便秘はどのように対処をすればいいのかを知っておく必要があります。間違った対策をしてしまうと、逆に便秘が辛くなってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

直腸膣壁が弱いとはどういうことか?

便秘にも色々な種類があって直腸膣壁が弱いことで起こる直腸性便秘は女性だけの厄介な症状です。症状は便意があるのにいきんでもなかなか出てこない、とても辛い状態です。

 

この原因は直腸膣壁が弱いことにあり、腹圧をかけられず、直腸に便が溜まってしまいます。改善方法は無理やしに出してしまうのではなく、自然に出せるように体調を調整していかなくてはなりません。

 

直腸性便秘の効果的な対策方法

第一には注意点があり、無理やりいきんで出そうとしてはいけないことです。直腸膣壁が弱いという体の仕組みのため、無理やりいきんでも便秘は治りません。

 

便意を感じるたびにトイレに行って、でなければ数分で諦めることを何度も繰り返しましょう。リラックスした状態で前かがみになることが効果的です。

 

できれば同時に食事改善で便秘の根本解決も目指しましょう。食物繊維を全ての食事で取り入れて腸の働きを活性化してあげることです。食物繊維は取りすぎということがないので、全ての食事でできるだけ取り入れてみましょう。

 

それでも補いきれないと感じた場合には、最近流行のフルーツ系の青汁もオススメです。1日1杯を食事に加えるだけで毎日スッキリ、どっさりに変わることもあるようです。

関連ページ

【対策付き】ねじれ腸マッサージは効果なし!?忘れがちなポイント
ねじれ腸マッサージは効果なしと思っている?それ、やり方が間違っているだけかもしれません。ねじれ腸マッサージが効果なしにならないポイントと良くある間違いとは?
ねじれ腸は手術で治る!?知らなかった便秘の話
ねじれ腸を直す手術があると思っていませんか?ねじれ腸は手術ではなく別な治し方があるんです。あなたの悩みはここで解決!
便秘にはかんちょうが一番!市販のかんちょうランキング
かんちょうは便秘の一番の対策ですよね。市販で売っているお手軽かんちょうを紹介します。便秘の悩み解決と今後の予防を紹介します。
残便感がある原因【明日からどっさり!】
残便感がある原因について徹底解説しました。残便感がある原因を知ることはもちろん、その対策も重要です。